【WAVE】ATH-Q58 ベルゼルガ DT(コックピットの工作)

ガンプラ・もたんです。

本塗りに入ろうと思いましたが、

もう一手間かけてコックピットを工作しました。

 

 



コックピットの現状。(操縦桿がない)

素のキットのままだと、コックピットはこんな感じ。

操縦桿がないんです。

せっかくパイロットが乗っても、なんか締まりません。

ということで。。。

 

操縦桿を作ろう!

前回の百式の動力パイプで会得した、スプリングと真鍮線を「使った工作で、操縦桿を作ります。

【ハンドル部の工作】

3ミリ角のプラ棒を短く切って、本体部とスティックがつく部分を作ります。

(お手製ダンモで当たりをつけた後、ヤスリで削ります)

はい、山型になりました。

 

続いて、1ミリのピンバイスで穴を開けて。。。

 

支柱のスプリングが刺さる穴を、裏側に2ミリのピンバイスで開けます。

台座になるパーツにも同じく、2ミリの穴を開けます。

 

次にスプリングの中の真鍮線が通る穴を、先ほど開けた2ミリの穴の真ん中に1ミリのピンバイスで開けます。

(写真は取り付けた後のもの)

 

で、ハンドル部分に1ミリの丸プラ棒で握り手をつけます。

その後、真鍮線を通すとこんな感じ。

 

これを組み上げると。。。

こんなのができます。

 

その後、少し形をそれっぽく整え、筋彫りなんかも施すと。。。

念のため、赤いところにスジボリ入れてます。

 

これを取り付けると。。。

人を乗せます。

はい、できました。

 

パイロットの紹介。

今回パイロットは、同スケール(1/35)のタミヤのドイツ戦車兵さんから来てもらいました。

(左から三番目のくつろいでいる彼。写真はタミヤ模型のHPから拝借しました。)

ただ、脚を開きすぎていてお行儀が悪いので、コックピットに治りませんでした。

そこで。。。

 

フィギュアの加工

まず、あしを閉じます。

キットは腰から下で左右に分かれているパーツをくっつけるので、股のところをくさび形にとって、間を詰めます。

それと、多少お尻の肉も削らせてもらいました。

(怪しい人ではありません。念のため。)

 

次に、前かがみの体を起こすために、腰の部分をくさび形に削ります。

また、足首も一旦切り取ってから切り口を加工して、足首が伸びた状態にします。

最後に、ちょっとつっかえる膝の部分を削って加工完了。

 

そうすると、こんな感じになります。

だいぶ、違うでしょ?(そんなことないかな。)

あとは、隙間が空いてしまった、腰や足首をパテで埋めて一旦工作は完成です。

 

今日はここまで。

明日こそは、塗装に入ろうと思います。

では、また。

 

【ランキングに参加しています】

プラモ・模型ブログランキング

 

【こんな記事が読まれています。。。】

【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(古いキットって怖いっす。。。)
【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(古いキットって怖いっす。。。)

【MG】MSN-00100 百式 VER1.0(塗装その3:動力パイプでけた。)
【MG】MSN-00100 百式 VER1.0(塗装その3:動力パイプでけた。)

【WAVE】ATH-Q58 ベルゼルガ DT(モールド彫りにクラフトやすりを。。。)
【WAVE】ATH-Q58 ベルゼルガ DT(モールド彫りにクラフトやすりを。。。)

【MG】MSN-00100 百式 VER1.0(完成)
【MG】MSN-00100 百式 VER1.0(完成)

【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その2:動画あり)
【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その2:動画あり)