【HGUC】AMX-003 ガザC・ハマーン専用機(その15:基本塗装ほぼ終わり。。。)

ガンプラ・もたんです。

HGのガザC・ハマーン専用機の続きです。

基本塗装、ほぼ完了しました。

追い込んでいくぜ!

 

【塗装残りのパーツ。。。】

本体塗装は大体終わったものの、後回しにしていたものが結構ありました。

  • 背中のビームマント関連。(マント自体、取り付け部等々)
  • モナカ割のランドセル
  • 肘、脛部分の動力パイプ塗り分け
  • ハマーン様専用トライデントスピア

結構あんねんな。。。

(動力パイプ。。。)

こちらは、鬼のマスキング対応です。

最初、マスキングゾルを試したのですが、下手ッピーの僕にはどうしてもうまく使いこなせません。

切り取る時、どうしても切り込みが浅くて必要なところまでつながっていて剥がれちゃうんですよね。

というわけで、マステを貼り付けてから切り抜く形で対応。

ぼくにはこちらの方があってました。

以下が、マステを剥がしたところ。

あとはちょいちょい、筆でレタッチで綺麗になります。

肘にはめてみました。うん、いい感じ。

(とりあえず、各部位ごとに組んでみる。。。)

結構いい色に上がりました。

結構、箱絵に近い色味になってきたと思います。

ここまでくると、テンション上がりますね。

中半へ続く。。。

(いくぜ、ビームマント。。。)

てなわけで、ビームマントです。

マントは、クリアピンク+クリアブルー少々で作ったクリアパープルをグラデ塗装。

マントの先端は、パール塗料を吹いて、少しマントの質感を変えています。

こんな感じ。

あとトライデントスピアも真ん中をアクセントにしてあとは地味に塗り分けしました・

結果こんな感じになってます。

後半に続く。。。



【目ヂカラ、ラピーテープ。。。

続いて、今回のお気に入りは、やっぱりモノアイかも。

このキット、モノアイと胸部センサーにクリアパーツが使われており、胸部パーツはホイルシールの下地があるので、キラキラです。

でも、モノアイ部分はない。

そこでサークルカッターを使って、ホイルシールの余白部分を切り抜き、モノアイの裏に仕込みました。

ちょうど、取り付け部の軸が真ん中にあって、それを囲むようにホイルシールのシルバーが光っています。

結構目ヂカラあるでしょ。

かっこいいです。

(足も組んでみた。。。)

下半身はこんな感じ。

 

あとは脚部、腰部、ナックルバスターの動力パイプを取り付けると一通り完成です。

あと少し頑張ります。

 

それではまた来週。

 

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA