【HGUC】AMX-003 ガザC・ハマーン専用機(その3:プラ板でマントを作ろう。。。)

ガンプラ・もたんです。

HGのガザC・ハマーン専用機の続きです。

ちょっと、マントについて考え直しました。

 

【マントの形と場所を考え直す。。。】

とりあえず前回の写真。

腕のシールドからマントが出る想定でしたが、これだと、腕を動かすとマントが変な向きになってしまいます。

(やっぱりバランスの取れた形に。。。)

ということで、以下のような三角形のマントにします。

後ろからると3枚に分けています。

横から。やっぱり普通の方がいいですね。

でも、ここで問題が。。。

いったいどこからマントを出せばいいのか。

中盤へ続く。。。


【出てこいファンネル。。。】

とりあえずファンネルっぽいものを作って、そこからビームを出してみたら。。。と思いました。

(プラパイプを切ってワイヤーでとりあえずつけてみる。。。)

ま、百聞は一見にしかず。

こんな感じになりました。

横から。変わり映えしなくてすいません。

プラパイプの間に隙間ができるので、ここは工夫が必要ですね。

(とりあえずファンネルをそれらしく作ってみる。。。)

6ミリの肉厚プラパイプを1センチ幅で切ったものに2ミリ幅の切り込みを入れます。

そこに2ミリプラ角棒を挟み込みます。

そのあと、プラサポの部品を横から差し込んで蓋をします。

なんかそれっぽくなりました。

(取り付け基部を作る。。。)

続いてプラサポを使って、以下のようなものを作りました。

最終ファンネルもどきを浮かせるかは別にして、いったん、ここにファンネルを取り付けることにします。

3枚に分割したマントのうち一枚を上から被せる形にして、色魔を埋めたかったので、軸受けも以下のような配置にしました。

後半に続く。。。



【マントの加工。。。】

(とりあえず透明プラ板を切り出す。。。)

100均で買ってきた透明プラ板をハサミでチョキチョキ。

(ターボライターで炙る。。。)

続いてこれまた100均のターボライターで炙って曲げてみました。

その結果がこちら。。。

イメージはピッコロのマントですね。

ターボライターは難しくて、一気に炙ると穴が開いちゃうし、プラ板もくるっと丸まるし。。。

これでもなかなか苦労したんです。

後半に続く。。。



(とりあえず、着せてみる。。。)

で、背中につけてみました。

 

前から。。。

うーん、良くわからない。

でも、イマイチな気がする。

後ろから。。。

なんか水に包まれたみたいになっていて、イマイチ。

多分、色を塗ってもだめだろうなぁ。。。

 

というわけで来週作り直すことにします。

ターボライターだと、エフェクトパーツ作るのに溶かすのには使いやすいですが、マントのようなものを作るのはいまひとつなのかなぁ。

ちょっと調べてみましょう。

 

でも、いろいろ工作ができて久しぶりに楽しかった。

来週は、綺麗なマントをお見せしたいです。笑

それでは、また来週。

 

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA