【旧キット】AV-X0 零式(その2:レイバーシリーズ悩みのシーリングを作る魔法のアイテム。。。)

ガンプラ・もたんです。

零式のシーリングを作ります。

twitterのお友達に教えていただいた超絶アイテム。

とくとご覧あれ!

 

 

 

 

 

【シーリングの前に、後はめ加工】

(ももの装甲を後はめにする)

レイバーシリーズで中々悩むのが、二の腕とモモのモナカ装甲。

本来なら、手足の軸になるパーツとシーリングを挟んだ、モナカはめ込みなので、塗装や跡の加工を考えるとものすごく悩みます。

ぼくはシーリングを、合成ラバー以外の素材で作って中に入れたいので、シーリングを作った後ではめられるように、ネオジムを使って後はめ加工化しました。

1.軸を大きく切り取る

モナカはめ込みになる軸を大きく切り取って、軸に上から差し込めるスペースを取ります。

2.そして片方残した軸にネオジムをはめ込み。

3.続いて脚の骨組みの、本当は装甲の軸がはまる穴に、ネオジムを接着。

こんな感じです。

4.あとははめ込むだけです。

ネオジムの磁力はすごい。パーツは全く浮ついていません。

すごいもんです。ネオジム、万歳。

 

ちなみに二の腕の方は、軸を切り取って何となくはめる状態で今回は手抜き。(笑)

でも、二の腕は短いので、ほとんど分かりません。

中盤に続く。。。



【シーリングの工作。。。】

(まずは布でトライしてみた。。。)

さて、いよいよシーリング本体です。

まずは型を厚紙で作って(写真忘れました)、記事に転写。

切り取ります。

そして、ちくちく手縫い。。。(;^_^A

この時、まず表に来る面を中に合わせて縫って、あとからひっくり返すのですが。。。

ところがどっこい。。。

出来たものが小さすぎて、うまくひっくり返りません。

右が裏面で塗ったもの。

左がひっくり返そうとして失敗したもの。

元の合成ラバーのパーツでいうと、この部分。

布の厚みや縫い代もあるので、さすがに無理でした。

ここでとりあえず布は断念。

(ここで登場、ギャッツビー油とり紙)

そこで新兵器の登場。

twitterでお友達のざこⅡさん(イングラム2号機かっこいいっす)に教えていただいた、ギャッツビー油とり紙です。

この紙、色も濃いグレー。

割と丈夫だけど薄い紙で加工もしやすく(何て言ったって紙ですからスティックのりとはさみですぐ加工)すごいです。

(さっそくシーリングを作る)

では早速行きましょう。

先ほど作った型紙等を使って、ギャッツビーを切り抜いて。。。

はい、ギャッツビーシーリングの出来上がり。(笑)

この後、ペン軸やスティックのりの軸にはめて、上下からきゅっとしわを付けてやります。

実際は型紙以外にもいろいろ作ってます。こちらはひざ下用。

こいつらを、軸の部分に穴をあけて挟み込めば。。。

後半に続く。。。



【出来上がったシーリング。。。】

とりあえず下半身だけですが、シーリングができました。

色と言い、しわと言い、ま、いい感じですね。

お尻はこんな感じ。

もう少し太く作ってもよかったかな。

ちなみになかに切れ端のギャッツビーを丸めて入れて、シーリングがつぶれないようにしています。

 

(今回の重要アイテム)

 

 

さて、あとは腕のシーリングと、スジボリの彫り直し。

塗装と進みます。

 

レイバー、かっこええのぅ。

それでは、また来週。

 

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA