【HGGA】ガンダムAGE-2 NORMAL(その2:腕のディティールアップ・スジボリのポイント)

ガンプラ・もたんです。

AGE-2、今日は苦手のスジボリです。

2つのポイントを気を付けたら、思いのほかうまく行ったという内容です。

 

 

【スジボリにリベンジ。。。】

(まずは下書き)

で、まず下書きです。

2Bのシャープペンシルと消しゴム。

下のように下書きします。

どんな線がいいかなんで分からないですが、ピンタレストでスジボリで検索すると、腐るほど出てきます。(笑)

今回は、はねのスジボリと、MGのAGE-2の写真を見ながら、細い線の間に太い掘り込みがあるものを採用しました。

(スジボリのコツ:短い線を組み合わせる。)

(線がまっすぐになる工具で当たりを取る。)

前回もそうでしたが数センチもあるようなスジは、僕のようなものにはできません。(へたっぴなのもあるが、ガイドを当てるのが面倒。(;^_^A)

ということで、デザインナイフの刃渡りの範囲で線を作りました。こうすれば、デザインナイフで切り込みを入れるだけで、まっすぐな線ができます。

別にケガキ張りでひっかいてもいいですが、線は短いに越したことはないようです。

パーツが違いますが、縦の線もナイフで切り込み。

あとから、掘り込み部分を削ります。

掘り込み部分は、太い線になるので、アクセントになりますよね。

掘り込みには、これを使っています。

なれたら、タガネの太いものも買ってみたいですが。

中盤へ、続く。。。


(掘るだけでなく、盛る。。。)

引き続き、ディティールアップ。

プラバンを盛ります。

肘にも盛りましたが、これだけだとメリハリがないので、彫りも入れます。

でっこみ引っ込みで変化とつけていきます。

 


【右腕の完成。。。】

そんなこんなで、右腕の完成です。

・ウィングの基部にスジボリ追加。

・二の腕と手首にプラバン盛り。(二の腕は広めに彫り込んで作った段差の間に)

・肩パーツの既存のモールドを手の付け根部分について太く。

・二の腕と手首わきにスジボリ。

・肘にプラバン盛り

赤丸取るとこんな感じです。

僕にしてはかなり良い出来。

この調子で、下半身とボディも頑張っていきたいと思います。

 

それでは、また来週。

 

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA