【旧キット】1/144 重装備型エルガイムMK-1(その5:武器のネオジム着脱+肘関節の改修。。。)

ガンプラ・もたんです。

旧キット・エルガイムMK-1。

今日は腕と武器にネオジムを仕込んで、着脱可能にします。

 

 

【いきなりですがネオジムを仕込む。。。】

今回はネオジムを仕込むところの写真はありません。

ピンバイスで3ミリの穴をあけて、ネオジムを埋め込みました。ネオジムとパーツの間の隙間は瞬着で埋めて、上からヤスりでならします。

この後サフを吹くとネオジム自体は見えなくなるはず。

とここまで書いて思い出しましたが、ネオジムって磁力が強いので結局接合店の上に色に塗っても後でハゲちゃうんですよね。

ま、いいやー。

(パワーランチャー)

とりあえずこんな感じでぴったりはまります。

すっきり。

(シールド)

シールドの方もネオジム化。

パワーランチャーつけるところも磁石を仕込みました。

はい、この通り。しっかりホールド。

パワーランチャーもマウントできます!やった!

後半へ、続く。。。


【トラブル、腕の長さが足りない。。。】

きれいに磁石が付いたので調子に乗っていましたが、ここでトラブル判明。

マウント位置が悪いのか、シールドの上部が肩のパーツに干渉してました。

シールドとパワーランチャーを装備した状態だと、手がまっすぐ伸びません。

これはかなりかっこ悪い。。。

仕方ないので。。。

ひじの部分にプラサポのポリキャップを仕込んで、腕を少し伸ばしつつ、肘の曲がる方向も柔軟にして、シールドの干渉部分を逃がせるようにします。

(キットの素の状態)

こんな感じで思いっきりモナカ。

(腕の伸長&関節の全方向可動。。。)

まず、肘関節を切り取ります。

写真は後で出ますが、ピンバイスで3ミリの穴をあけ、プラサポのプラジョイントを取り付けます。

続いて2の腕側。

こちらもプラサポのパーツを加工して、ポリキャップを差し込むための台座を作ります。

最終的に、こんな連結になります。

まだ不要な部分を切り取ってませんが、最終系はこんな感じ。

ポリキャップにしたのは、エルガイムの関節が丸いので、なるべくそれっぽく見えるようにしたかったからです。


(パワーランチャーを再装備。。。)

苦労した甲斐があって、ちゃんとパワーランチャーと肩が干渉しなくなりました。(パチパチパチ)

(シールドも再装備。。。)

シールドの方もこんな感じ。

多少方と干渉する部分が残りますが、肘をボールジョイントにしたおかげで肘の曲がる方向が1軸増えたおかげで、肘を前に曲げてきれいにシールドを逃がせるようにできました。

【ランドブースター】

こちらも合わせ目けし等完了。

 

大分終わりが見えてきました。。。

来週は脚部の仕上げ(ディティール追加等)をしたいと思います。

 

それでは、また来週。

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA