【HGUC】RGM-79Q ジム・クゥエル(エッジ出し命。。。)

ガンプラ・もたんです。

山崩しのために、ジム・クゥエル始めました。

そしたら、超優良キットでした。

Σ(・□・;)

 

 

 

【基本に戻る。。。】

今回は自分の制作スキルの確認と基本の確認のため、HGを組むことに。

もたん家のマウンテン・サークルの中から、以前組んだことのある旧HGガンダムmk2と作りが似ているジム・クゥエルをチョイス。

何で買ったんだか覚えてないんですが、作り始めてみると、結構びっくり。



1.可動域が大きい。

肘が二重関節になっていて、ビームサーベルもつかめます。
Σ(・□・;)

(まだ、仮組みです。。。)

2.合わせ目がほとんどでない。

さすがにライフルはモナカ割りですが、その他はほとんど出ません。出るところも始めから段落ちモールドになっていました。

3.ビッグな下半身

足腰が太くて、立ち姿が映えます。

肩の部分が挟み込みであることを割り引いても、十分今のHGに負けません。これって、名キットかも。。。

 

【で、エッジ出し。。。】

今回は、下記のような行程でやってます。

(広い面)

1.スリスリBAR(#400相当)で荒削り

2.#800の紙やすりがけ(なるべくバンダイ・エッジを落とす)

3.ヤスリがけが難しい面、残るバンダイ・エッジは、超硬スクレーパーでカンナがけして、境界のエッジを強調。

結構おすすめです。

(狭い面)

1.シャインブレードfineの裏表(#600、#1000相当)で処理。

2.ヤスリがけが難しい場合は、超硬スクレーパーでカンナがけ

いつもは手を抜いていた小さい面も、しっかりやると見違えます。超硬スクレーパー小さくて使いやすいです。

肩も狭い面は、超硬スクレーパーでカンナがけ。
また、腰のスカート部分も、パッキパキにしました。

ちなみにカメラアイの部分ですが、現時点ではトレッシングペーパーをマスキング代わりに挟み込んでいるので、白濁して見えます。

塗装が終わったら、下の方から髪をゆっくり抜き取ります。これぞ、もたん殺法!(他にも同じ方法をする方、いらっしゃいますかね?)

ランドセルもヤスった後、カンナがけ。

つまさき、カカトのガードも同様です。

立ち姿はこんな感じになります。


プレミアム バンダイ


【そんなこんなで。。。】

いろいろ付けるとこうなります。相当かっこいいです。

塗装に向けて分解。。。

無理にやったら。。。コックピットハッチが割れた。。。

(T . T)

というわけで、今日はここまで。

では!

 

【ランキングに参加しています】

プラモ・ガンプラ完成品投稿サイト【MG】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ
にほんブログ村

 

【こんな記事が読まれています。。。】


【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(古いキットって怖いっす。。。)

【旧キット】 RX-178 ガンダムMK2 (完成。。。ガンダムマーカーエアブラシ便利。。。)
【旧キット】 RX-178 ガンダムMK2 (完成。。。ガンダムマーカーエアブラシ便利。。。)

【MG】MSN-00100 百式 (ガンダムマーカーとトップコートに気をつけろ!)
【MG】MSN-00100 百式 (ガンダムマーカーとトップコートに気をつけろ!)

【アオシマ】1/810 イデオン (いくぜ、大改造!)
【アオシマ】1/810 イデオン (いくぜ、大改造!)

【HGUC】YMS-14S GELGOOG(キューピー1日モデリング・・・完了)
【HGUC】YMS-14S GELGOOG(キューピー1日モデリング・・・完了)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA