【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り完成!クリア塗装で仕上げ。)

ガンプラ・もたんです。

HGドム、完成しました。

MAX塗りの出来栄えと、半光沢クリアによる仕上げです。






塗装、完了!

というわけで、MAX塗り完成です。

助手も喜んでいます。

ジオング・ジョッシュ君:『よう、頑張りましたなぁ』

ありがとうございます。

今回は、MAX塗り後のクリア塗装との比較も見ていただきたいので、2段階で写真を載せます。

00000618

 

まず、MAX塗りから。。。

00000619

先回も書いた通り、かなりメインカラーのパープルにホワイトを混ぜましたので、比較的明るめに仕上がっています。

00000620

 

デカールは、MGのガンタンク用、ドム用のガンダム・デカールを使用。

00000624

実はドム用は、型式名と両肩の赤い三角のみ。

右肩のラインはガンタンク用のものです。

 

手首、壊れました。。。

00000621

上の写真にもありますが、武器の持ち手の手首が割れました。

(黄色いマスキングテープが貼ってあります。)

どうも、墨入れ用に流したエナメル塗料が原因のようで、劣化したとことにパーツをはめに行ったのが原因で割れたようです。

仕方ないので、パーツをパテにより修復後、再度接着などを試みています。

足首のハッチがお気に入り。。。

ビルダーパーツを使用して、足にメンテ用ハッチをつけました。

00000622

 

ジャイアント・バズもディティールアップ!

こんな感じにデカール貼りました。

00000623

続いてクリア塗装後。。。

これまで、トップコートで数々の失敗を繰り返してきました。

そこで、今回はエアブラシでクリア塗装にしました。

ただ、半光沢にしたかったので、以下を使用。

こいつを、クリアカラーに混ぜるとつや消しになります。

その結果がこちら。。。

00000628

どうだ!

00000635 00000627

バーニアはいつも通り、カッパー。

00000629

00000645

00000630

敵発見!

00000632

ついでに、サーベルを抜いたポーズ。

00000633

上半身、アップはこんな感じ。

クリア塗装ですが、フラットベースのおかげでうまく落ち着いていると思います。

00000636

足はこんな感じ。

00000638

00000639

背中はこんな感じ。

00000640

 

足先。

00000641

ジャイアント・バズ。

00000642

00000643

それほど、トーンが落ちることもなく、クリア塗装前の雰囲気は壊れずに済みました。

次回から、トップコートはこの方法で行こうと思います。

00000646

てなわけで、ドムさん、一旦終了。

次は、ネモの予定です。

では!

 

 

【ランキングに参加しています】

プラモ・模型ブログランキング <<ポチッとお願いします。

【こんな記事が読まれています。。。】

 

 

【ツール】自作塗装ブースの巻。。。
【ツール】自作塗装ブースの巻。。。

【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(プラ版貼り。。。)
【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(プラ版貼り。。。)

【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その2:動画あり)
【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その2:動画あり)

【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その1)
【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り、その1)

【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り完成!クリア塗装で仕上げ。)
【HGUC】MS-09/MS-09R リックドム(MAX塗り完成!クリア塗装で仕上げ。)