【ハセガワ】ウォーターラインシリーズ 護衛艦いずも1次改修型(その3:スケールモデル間の技術の援用について。。。)

ガンプラ・もたんです。

ハセガワの1/700いずも、仮組みその3です。

艦橋と、舳先です。

戦闘機作った時の技術が役に立ちました。(^_^)v

 

【舳先の手直し。。。】

まず前回までの舳先です。

ワイヤーをつなぐところの蓋を無理に押し込んでつけたので、パーツはガタガタ、凸モールドも悲しい状態。

あと、舳先の水切りの部分は、パーツの合わせ目がモロに出ているのでここも要改修。

とりあえず、ヤスリをかけたのと、デザインナイフ等でパーツ類のガタガタの部分を真っ直ぐに整えました。(つもり)

あと、やすりがけて消えたモールドは、デザインナイフで復活。

(凸モールドの復活。。。)

凸モールドは、消えたラインに沿って、デザインナイフで切れ込みを入れることでだいぶらしくなります。

これは、戦闘機のスケールモデルの合わせ目消しの時に使った方法です。

同じ要領で舳先のパーツの合わせ目も消した後で、モールドを復活させています。

僕が上手いことは全くないですが、やはり、舳先が綺麗でないとカッコ悪いですものね。

白化したところは、現時点ではどうしようもないので、あとはサフを吹くのみです。💦

中盤へ続く。。。

【艦橋。。。】

こちらもとりあえずできました。

さ、載せてみよう!

これにエッチングパーツつけたらカッコ良くなるのかしら???

とりあえず、大分空母らしくなりました。

 

仕事が忙しくて全然模活が進みませんが、少しずつでも進めると形になるので、やっぱりプラモはやめられません。

 

次はエッチング作成と、アンテナ類の取り付けですかね。

塗装も見えてきたので、なんとなくF35の飾り方とか、他の方の作成を見てみたいと思います、

 

それではまた来週。

 

 【ランキングに参加しています。
ポチ、お願いします。】

にほんブログ村 その他趣味ブログ ガンプラへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA