【HGUC】RX−178 ガンダムMk2(下地を塗ってます。。。)


こんにちは。がんもた(@info_gunmota)です。

待ちに待った休日。 ガンダムMk2の続きです!

(注)RIVIVEではありません。NO.030の旧HGUCです。

今日はようやくまとまった時間が取れたので、下地塗りに専念。

 

 



 

さて、今回はメタリックにしよう!

あまりアニメオリジナルカラーで塗らない僕。
今回は、メタリックカラーにしようと思います。

メタリック塗装にするには、おおまかに次の工程を辿ります。

  1. 銀色に塗装
  2. その上からクリアカラーで塗装。

例えば、百式なら一度銀色に塗った上から、
黄色やオレンジのクリアカラーをかけるわけです。

その際、銀色の発色を良くするために、下地に黒を塗るのが定石。
よって、実際は「0.黒で下地塗り」の工程が追加されます。

 

今日はその下地塗り。

写真は左がサフのみ。右が黒下地あり。

見ていただいた通り、真っ黒である意味、
しっかり黒ガンダムになっています。
(でも、子供に「地味」と言われる始末。)

IMG_0747IMG_0751

 

なお、仮組みしているので不要なところは塗りません。
(写真のシールドなど)

あまり塗りすぎるとダボ穴がきつくなって、
組み立てるときに苦労します。

 

IMG_07493

 

今回は合わせ目加工がうまくいってない
ところを、パテで補修しましたが、
塗装でパテの白色が隠れると、
一つの部品に見えるのは嬉しいですね。

 

ジムの合わせ目加工へ。

IMG_07452

 

今日の塗装は下地で力尽きましたが、それだけだとつまらない。
というわけで、接着剤を塗ってのジム合わせ目加工です。

丹念に何回も接着剤を塗って、パーツの合わせ目部分を溶かした上で、
パーツを押し合わせて「ムニュ。」
ぼちぼちうまくいきました。

 

ただ、この接着剤合わせ目消しは、何度も接着剤を塗ります。
なので、パーツの不要な部分に接着剤がついたり、
接着剤が流れてパーツ表面を溶かしてしまったり。。。

注意が必要です。

 

写真には写っていませんが、実際、太ももの部分を
やってしまいました。

「接着剤ムニュ。。。」もあまり解け具合が一定せず
作業結果がまちまちなので、次回からは組んだ後、
パテで溝を埋める形にしようかと思っています。

 

最近業務多忙で、なかなか製作が進みませんが、
在庫はどんどん増えていくので、適宜進めていきます。

 

 

【こんな記事が読まれています。。。】

【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(合わせ目消してます) 【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(合わせ目消してます)

【HGUC】RX-77-2 ガンキャノン(スパロボとリアルの間に。。。) 【HGUC】RX-77-2 ガンキャノン(スパロボとリアルの間に。。。)

【HGUC】RX-77-2 ガンキャノン(スジ彫り残念!) 【HGUC】RX-77-2 ガンキャノン(スジ彫り残念!)

【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(古いキットって怖いっす。。。) 【MG】MS-05B ZAKUI RAMBA RAL’S CUSTOM ザクI ランバ・ラル専用機(古いキットって怖いっす。。。)

【HGUC】RX-78-2 ガンダム(製作中) 【HGUC】RX-78-2 ガンダム(製作中)