【HGUC】RX-78-2 ガンダム(塗装その1)

サフ吹きが終わったので、今日は初めての塗装をレポート。

(誰のリポートじゃ。。。(;゚∀゚))



 

今日の教訓(略して「今日訓」)!

  • エアブラシは、やっぱりブシュッとやらずに、じんわり切りを吹きかけること。
  • サフを吹いたからと言って、どんな色でもきれいな発色をしないということ。

=====

まずは今日塗った同胞たち。

 

まず、おおまかに塗る色ごとにわけて、同じ色のものをまとめて作業して行きます。

写真は、左から、濃いグレーにするもの、個別に塗装するもの、関節用の薄いグレーのもの。

IMG_0226

 

で、こちらが、その他のパーツを塗ったもの。

IMG_0222

え、白くないって。

でも、これガンダムです。

 

 

「黒いガンダム」カラーにしてます。(もう、ネタバレしてますね。)

IMG_0221

ふくらはぎも、ぼちぼちきれいに塗れました。

 

ただ、【今日訓1】に書いた通り、やはりエアの吹き出しをかけると、ダマになったり、厚塗りになったりしました。あんまりひどいのはドボン(要は薄め液の中に入れて塗料を落としてから塗り直し)することになりました。

手戻りになるので、やはり慎重な作業が必要と学習。(というわけで、前回の記事のコメントは一部撤回!)

 

 

 

IMG_0225

他の色のもの。

赤はちょっとだけネイビーブルーを混ぜて、思い通りのダークな色が出せました。ヽ(*´∀`)/

IMG_0224

 

でも、【今日訓2】にも書きましたが、黄色はサフの上に吹いたら、どうしても地のグレーの色が見えて、きれいに発色しませんでした。おそらく、先に白色を吹くとか、サフに白を混ぜるとか工夫がいるのでしょう。

この辺は、経験とお勉強ですね。ま、今回のカラーはダークカラーなので、このままで良しとしました。

 

あとは、関節色の薄いグレーと、胸部や武器などの濃いグレーを吹けば、ついに組み立て!

あー、楽しみだ。

 

=====

 

そして、ブログを書いていてヤバいことに気がついた。

足のすねの部分のパーツ。ダクトを黄色くするため、他の足のパーツとは別行程で塗装しましたが。。。

  • 地色になる紺色を吹くの忘れた。。。
  • 調合した塗料はもう残ってない。。。

今度塗る時、同じ色が作れるんだろうか。(;゚∀゚)

 

次回へ続く。。。

 

「【HGUC】RX-78-2 ガンダム(塗装その1)」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。